• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1217
  • 公開日時 : 2017/01/06 19:16
  • 更新日時 : 2017/12/15 15:18
  • 印刷

野焼きについて

回答

廃棄物の焼却は,廃棄物の処理及び清掃に関する法律第16条の2により,例外を除いて禁止されています。
例外となるのは,
・風俗慣習上又は宗教上の行事を行うために必要な廃棄物の焼却
・農業,林業又は漁業を営むためにやむを得ないものとして行われる廃棄物の焼却(※家庭菜園での農作業は農業に該当しません。)
・たき火その他日常生活を営む上で通常行われる廃棄物の焼却であって軽微なもの
等です。
これらの禁止された廃棄物の焼却のうち,屋外でごみ焼却炉を用いないで廃棄物を焼却する行為については,柏市ダイオキシン類発生抑制条例第10条でも禁止されています。

なお,焼き芋・芋煮会等の調理のためのたき火や,薪ストーブの適正な使用は,廃棄物の焼却ではないので規制対象ではありません。
又,畑等で行われる軽微なたき火の多くも,例外規定に該当するため規制対象ではありません。

ごみの処分については,その焼却が法的に禁止されたものでなかったとしても,家庭ごみであればごみ集積所に出すかクリーンセンターへの持込み,事業系のごみであれば許可業者に処理を委託するなど,焼却以外の処分を検討し,可能な限り焼却しないようにしてください。
なお,法律違反となる廃棄物の焼却を行った場合,5年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処せられます。

市では,違法性のある焼却行為の行為者へは焼却をやめるよう指導し,違法性は無いものの苦情の原因となっているような行為については近隣への配慮をしつつ行うよう依頼しています。
しかしながら,全ての焼却行為が禁止されているものではありません。
又,規制対象ではない焼却行為による臭いや煙などで困っているという場合には,苦情者の具体的な要望や妥協点等について,当事者間で直接話し合い,調整・解決していただくことになります。

被害に関する法律上の対応等については,広報広聴課が法律相談(弁護士相談)を行っていますのでご利用ください。
申込み方法等についてはリンク先をご確認ください。
又,公害紛争処理制度に関する相談窓口として総務省公害等調整委員会の公害相談ダイヤル(電話:03-3581-9959)がありますので紹介させていただきます。
公害紛争処理制度の詳細はリンク先の公害等調整委員会ホームページで確認することができます。
(違法性のない焼却行為による煙や臭気が公害紛争処理制度の対象となる公害と認められるかについては,同委員会までお問合せください。)



 

アンケート:ご意見をお聞かせください