• No : 1252
  • 公開日時 : 2018/04/01 00:00
  • 更新日時 : 2018/04/24 09:02
  • 印刷

評価替え

回答

評価替えは、3年に一度行われ3年間における資産価値の変動に対応し評価額を適正で均衡のとれた価格に見直す制度です。
平成30年度は評価替えの基準年度にあたり、市内の個々の土地と家屋についての見直しが行われます。具体的には、土地については3年の間に変化した都市基盤整備状況(道路の幅が広がったり等)や、生活環境(近隣に商業施設が増えたり等)、さらに公示価格など地価の推移等をもとに土地の評価の基礎となる路線価を見直して評価額を算出します。
家屋については、固定資産評価基準(家屋)に基づき再建築価格を求め、それに経過年数に応じた経年減点補正率と,一点単価を乗じて評価額を算出します。なお,その額が評価替え前の価額を越える場合は,評価額は評価替え前の価額に据え置かれます。
 

アンケート:ご意見をお聞かせください