• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 430
  • 公開日時 : 2017/01/06 19:16
  • 印刷

水道水で作った氷

氷を作ったとき、氷の中央部が白く不透明になる。
カテゴリー : 

回答

【原因】
水道水中にはミネラル分が含まれており、これが適度に水の味を良くしています。水が凍るときは外側から水の部分が徐々に凍り、水に溶けていた空気やミネラル分が中央に集められる現象が起こります。そのため、でき上がった氷の中央部は白く不透明になってしまいます。
市販されている氷や、業務用の製氷機で作った氷は、中央部の不透明な部分を取り除きながら凍らせていくため、できた氷は透明に見えます。

【安全性】
白く不透明な部分は空気やミネラル分ですから、問題ありません。ミネラル分とは、人体に必要なカルシウム、マグネシウム、リン、ケイ酸などの鉱物性栄養素のことで、適度に入っていると水がおいしくなります。

アンケート:ご意見をお聞かせください