• No : 2053
  • 公開日時 : 2019/02/27 16:53
  • 印刷

未支給年金の請求

国民年金・厚生年金を受給していた人が亡くなった後、まだ支給されていない年金がある場合には、どのような手続が必要ですか。
カテゴリー : 

回答

亡くなったかたにお支払するべき年金がある場合、生計を一にしていた3親等内の親族のかたは、未支給年金を請求することができます。
ただし、未支給年金を受け取れる順位は、配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹、その他3親等内の親族のかたとなります。先順位のかたがいる場合は、請求することができません。
請求に必要なものは原則として次のとおりですが、詳細につきましてはお問い合わせください。
なお、未支給年金を受ける権利には時効がありますので、ご注意ください。
・印鑑(認印)
・亡くなったかたの年金証書
・亡くなったかたと請求するかたの関係が確認できる書類(戸籍謄本等)
・亡くなったかたと請求するかたが生計を同じくしていたことがわかる書類(死亡した受給権者の住民票(除住民票)および請求者の世帯全員の住民票(本籍・続柄記載あり) 等)
・受取りを希望する金融機関の通帳
・亡くなったかたと請求するかたが別世帯の場合は「生計同一関係に関する申立書」
 
【お問い合わせ窓口】
国民年金室 04-7167-1130