『 保健所 』 内のFAQ

44件中 1 - 10 件を表示

1 / 5ページ
  • 食品の製造や販売の許可

    飲食店や菓子製造、魚介類の販売など、食品の製造や販売をしようとするときは、事前に営業許可を受けることが必要です。営業許可が必要な業種は全部で34業種あり、業種ごとの施設基準を満たしていないと営業はできません。食品担当では施設基準の説明や食品営業許可申請の受付を行っています。営業許可対象業種の営業を始める際は施設の... 詳細表示

  • 食品営業許可の手続き

     営業を行うには、まず、営業所所在地を管轄する保健所に営業許可申請を行い、千葉県が定めた施設基準に合致した施設をつくり、営業許可を受けることが必要です。 詳しくは「新たに食品に関する営業を始めるときは」のページをご覧ください。 また、柏市保健所生活衛生課窓口に許可申請の流れをわかりやすく記載した「食品に関する営業... 詳細表示

  • 食品衛生責任者

     食品衛生責任者になるためには、柏市で定められた資格が必要です。詳しくは「食品衛生責任者について」のページをご覧ください。 なお、食品衛生責任者の講習会は柏市食品衛生協会で行っています。 参考ページ 柏市公式ホームページ・食品衛生 柏市公式ホームページ・食品衛生責任者について ◆◇【問合せ】お問い合わせはこ... 詳細表示

  • 毒物劇物取扱者試験

    試験は年1回、千葉県が実施しています。詳細は千葉県庁にお問合せください。【問合せ先】千葉県庁薬務課電話043-223-2618 参考ページ 千葉県ホームページ・毒物劇物取扱者試験 ◆◇【お問合せ】お問い合わせはこちらから 詳細表示

  • 許可証の再交付

    許可証は柏市食品衛生施行条例により掲示が義務付けられています。万が一紛失、汚損、き損した場合は速やかに再交付の手続きをしてください。【窓口】柏市保健所生活衛生課食品衛生担当住所 〒277-0004 柏市柏下65番地1電話 04-7167-1259【お持ちいただく書類】・ 再交付申請書・ 食品営業許可証紛失書(紛失... 詳細表示

  • 犬・猫が飼えなくなったとき

    所有者は犬・猫の生態、習性を理解して終生飼養することが,動物の愛護及び管理に関する法律により規定されています。やむを得ず飼えなくなってしまった場合、新しい飼主を探してください。 それでもお困りのかたは、柏市動物愛護ふれあいセンターへご相談ください。 なお、引き取られた犬・猫は殺処分になることがあります。家族の... 詳細表示

  • 健康診査・がん検診実施通知

    1回検診を受けることができなかった場合は,がん検診の登録が継続され,翌年度も通知をお送りしております。 ただし,2回連続で検診を受けることができなかった場合は,がん検診の登録が一旦取り消しとなり,通知はお送りしておりません。がん検診をご希望の場合は,再登録が必要となります。 がん検診登... 詳細表示

    • No:1748
    • 公開日時:2018/04/01 00:00
    • 更新日時:2018/11/13 15:29
    • カテゴリー: 健康増進課
  • 飲用井戸

    個人で井戸水を使用している場合,管理方法について法律等による特段の義務はありません。しかし,井戸の水質が周囲の環境等の影響を受けることがあるので,自主管理による水質検査や周囲の衛生的な管理などをお願いしています。 なお,厚生労働省が作成した「飲用井戸等衛生対策要領」がありますので,関連HPを参照ください。 ... 詳細表示

  • 犬の住所・所有者変更や死亡

    登録は犬の生涯に一度となっているので、住所や所有者が変わったなど、犬の登録内容に変更があった場合や犬が死亡した場合は届け出てください。 以下の場合については、届出が必要です。 ・所有者が変わった ・所有者の名前が変わった ・引越しなどで住所が変わった(市内) (ただし、柏市外に引っ越した場合は、... 詳細表示

  • こどもの慢性疾患

    18歳未満で次の疾患の治療を受けている児童等を対象とした公費負担制度「小児慢性特定疾病医療支援事業」があります。 ・対象となる疾患:厚生労働大臣の定める基準に該当する11疾患群です。(悪性新生物、慢性腎疾患、慢性呼吸器疾患、慢性心疾患、内分泌疾患、膠原病、糖尿病、先天性代謝異常、血液疾患,免疫疾患,神経・筋... 詳細表示

44件中 1 - 10 件を表示