• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 2205
  • 公開日時 : 2019/11/22 00:00
  • 印刷

高額介護サービス費

介護保険サービスの高額介護サービス費の制度と手続きはどのようなものですか。

カテゴリー : 

回答

1 高額介護サービス費の制度とは

 

 同じ月に利用したサービスの利用者負担(1割,2割又は3割)が高額になった場合は,1か月の利用者負担を合算(同じ世帯内に複数の利用者がいる場合には世帯合算)して,上限額(下表)を超えたときは,申請により超えた分が「高額介護サービス費」として後から支給されます。

 ただし,要介護ごとに1か月に使える介護サービスの利用限度金額がありますので,その限度額の範囲内で自己負担した分のみが対象となります。

 

 利用限度金額

 

2 高額介護サービス費として払い戻される額

 

 (利用料自己負担額)-(上限額)=高額介護サービス費

 

 上限額は,世帯の所得状況によって次のとおりです。

  ①市民税課税世帯のかた                44,400円

  ②世帯全員が市民税非課税のかた        (世帯)4,600円

   ●市民税非課税で合計所得金額および課税年金収入額

    合計が80万円以下のかた             15,000円

   ●老齢福祉年金の受給者のかた            15,000円

  ③生活保護受給者のかた               (個人)15,000円 

 

 このほか,1割負担の被保険者のみの世帯は,新たに自己負担額の年間上限額446,400円が設定されます。(平成29年8月からの3年間の時限措置。年間上限額の適用期間は,8月1日から翌年7月31日まで。)   

 

3 手続きについて

 

 通常,高額介護サービス費の対象となるサービスを利用した3か月後(例えば,サービスを利用したのが4月であれば7月)の上旬に申請のお知らせを送りますので,必要事項をご記入の上,高齢者支援課または沼南支所窓口サービス課まで提出してください。最初に申請していただければ,以降は手続きなく支給されます。

(高額介護サービス費の支給対象外のかたにはお知らせはありません)

 

4 お問い合わせ先

 

    高齢者支援課

    電話 04-7167-1135

 

参考ページ
 

 

アンケート:ご意見をお聞かせください