• No : 474
  • 公開日時 : 2022/09/26 09:55
  • 印刷

下水道受益者負担金の地積割

回答

公共下水道が整備されると、台所やトイレなどの生活排水を直接下水道へ流せるようになり、生活環境や利便性が向上し、その土地の利用価値が高まります。
しかし,だれでも利用できる公園や道路と異なり,公共下水道は整備された区域の人しか利用できません。
受益者負担金制度は、土地の利用価値に着目して賦課しようとするものですので、土地に対し、面積を基準として賦課するものです。