• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 担当課から探す 』 内のFAQ

952件中 821 - 830 件を表示

83 / 96ページ
  • 外国語地図

    柏市では、英語と中国語で柏市の地図を作成しています。まだ、お持ちでない方は、柏市協働推進課、かしわインフォメーションセンターでお渡ししています。 参考ページ ◆◇【問合せ】お問い合わせはこちらから◇◆ Kashiwa City(Google Maps) 詳細表示

  • 負担調整

    ①固定資産税額は、評価額を課税標準額として、それに税率を掛けて求めるのが本来の課税の姿です。これを本則課税といいます。②土地の場合、過去の経緯から課税標準額を評価額よりも低く設定しています。また、住宅用地の特例など課税標準額の特例措置も認められています。③土地の税額を算出する際に、課税標準額と評価額とを比べ、課税... 詳細表示

  • 地目

    地目には、宅地、農地(田・畑)、鉱泉地、池沼、山林、牧場、原野、雑種地があります。固定資産税の評価上の地目は、登記簿上の地目に関わらず、その年の1月1日の現況地目によります。 参考ページ 柏市公式ホームページ・固定資産税 ◆◇【お問合せ】お問い合わせはこちらから 詳細表示

  • 家屋の改修工事の軽減制度

    ・住宅耐震改修工事に伴う減額措置 耐震改修工事とは、建築基準法に基づく耐震基準に適合した工事です。・住宅のバリアフリー改修工事に伴う減額措置 バリアフリー改修工事とは、高齢者等の居住の安全性確保のために行った、手すりの設置及び床の段差を解消するなどの工事です。・住宅の熱損失防止(省エネ)改修工事に伴う減額措置 省... 詳細表示

  • 老朽化した家屋の税金

    一般住宅(木造)の場合、25年程度で,建築時の価額の20%まで減価されます。つまり25年をかけて,3年に1度の評価替ごとに,税額が下がっていき、それ以後は,20%で課税されます。しかし,物価の影響を受けるため,一概に建築時の価額の20%になるとは限りません。また非木造住宅の場合は、30~50年程度で減価されます。... 詳細表示

  • 商品やサービスを原因とする危害、危険の情報提供

    商品やサービスが原因で、身体にけが、病気等の疾病(危害)を受けたという情報(危害情報)、あるいは、危害を受けたわけではないが、そのおそれがある情報(危険情報)がある場合は消費生活センターへご連絡ください。必要に応じて、安全に関する相談窓口等をご紹介いたします。また、いただいた情報は、国民生活センターや消費... 詳細表示

  • 消費者講座(出前講座)

    【消費者講座(出前講座)について】 消費生活センターには、様々な相談が寄せられています。悪質商法等の最新事例やクーリング・オフなどの対処法を日々業務にあたっている消費生活相談員や行政職員等が講師となり、分かりやすくお話します。消費生活センター発行のパンフレットなども無料でお配りします。 <メニ... 詳細表示

  • はかり(質量計)の定期検査

    柏市では、取引・証明用にはかりを使っている事業者へ、2年に1度、市指定の検査機関が検査に伺います。 ※年度によって、検査対象区域が異なります。 【偶数年度】 常磐線以北区域のひょう量250kg以下のはかり・分銅・おもり及び市内全域のひょう量250kgを超えるはかり 【奇... 詳細表示

  • 家庭用計量器無料簡易検査

    どんなはかりも使っているうちに精度が落ちてしまいます。 とはいえ、体温計や血圧計など、健康を支えるはかりに狂いが生じては困りますよね。 そこで柏市では、毎年11月の計量強調月間に、ご家庭にあるはかりの精度確認検査を無料で行っています。 対象機器は、体温計、血圧計、体重計及びキッチンスケールで... 詳細表示

  • 営業許可の継続

    引き続き営業をされるかたは、営業許可の有効期限が切れる前に営業許可の継続の手続きが必要です。継続のご案内のはがきを送付しますので、継続されるかたは期限が切れる約2週間前を目安に食品営業許可申請書を提出してください。廃業されるかたは廃業届けを提出してください。 なお、営業許可継続申請を行わない上で許可期限が切れた後... 詳細表示

952件中 821 - 830 件を表示